女子ごはん_ジャック広告左女子ごはん_ジャック広告右 女子ごはん_バナー
  1. Home
  2. グルメ
  3. 新潟の持ち味をいかしてインパクトのある料理を【オステリア イル サント…

新潟の持ち味をいかしてインパクトのある料理を【オステリア イル サントピアット・桑原宗紀さん】

  • 情報掲載日:2020.12.06
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
地元の人に親しまれるイタリア料理店としてすでに定着。老若男女問わず人気が高い
地元の人に親しまれるイタリア料理店としてすでに定着。老若男女問わず人気が高い

 

「手作りの上質さを伝える」をモットーに、オーナーシェフの桑原さんが手掛ける手打ちパスタや、県内産の豚や和牛、仔羊、イノシシ肉といったさまざまな肉料理などに定評のあるイタリア料理店。

ランチタイムには自慢の手打ち麺と地場産の食材をふんだんに用いたソースのパスタや熟成県産豚のグリル料理を、ディナータイムにはコースのみを提供。

下の写真はコース料理の一例。

 

前菜のエビとカボチャ、鶏レバーのクレープサレット。手巻き寿司のように自分で巻いて食べます
前菜のエビとカボチャ、鶏レバーのクレープサレット。手巻き寿司のように自分で巻いて食べます
県内産仔イノシシのロースト
県内産仔イノシシのロースト
パスタ『生ハムのコンソメと卵黄の手打ちタリオリーニ』
パスタ『生ハムのコンソメと卵黄の手打ちタリオリーニ』

 

旬の食材を味わえる季節の前菜に、メインのやわらかくジューシーな県内産仔イノシシのロースト、シメに登場する日替わりパスタなど、男女問わず幅広い世代が満足できるラインナップとなっています。

 

 

「僕が学生の頃、本格イタリア料理があまり自分の身近にはなかったんです。
なので、初めて食べたときの『こんなにおいしいのか!』という衝撃が忘れられなくて、いつか自分もお店を出して、今度は自分がこれと同じ衝撃を与える側になりたいと思いました。今もそういった料理を提供するという意識は常に持ち続けています」
と桑原さん。

現在お店を開いて13年ほどが経ち、開店当初と今とでは自分の作る料理への思いは少しずつ変化しているそうで…。

 

 

「最初の頃は本場の味を意識したイタリア料理を提供していましたが、今は新潟のおいしい食材をいかした郷土料理のようなイタリア料理を提供しています。
本場の味とは少しズレてしまっているのかもしれませんが、これまでたくさんの地元の生産者さんと出会い触れ合っていくなかで、地元にたくさんあるおいしい食材の持ち味を最大限にいかした料理をお届けすることが、今の自分が取り組んでいきたいことだと思うようになりましたね」。

 

桑原 宗紀(くわばら ときのり)さん
1975年5月3日生まれ

加茂市出身。
東京のイタリア料理店を経て、イタリアで2年間の修業を積み、 2007年に店をオープン。

Information

オステリア イル サントピアット
住所
加茂市下条840-1
電話番号
0256-53-6680
営業時間
11:30~15:00(LO14:30)/17:30~22:00(LO21:30)
休み
不定休
席数
34
料金
客単価:昼1,500円 コース:夜3,500円(税抜)~
※昼は予約推奨。夜は要予約
駐車場
16台

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

SNS