しろめチ_左しろめチ_右 しろめチ_スマホ
  1. Home
  2. グルメ
  3. 男子も大満足!  「まるでパリ」なカフェへ――【古町通信】古町×Noism 第…

男子も大満足!  「まるでパリ」なカフェへ――【古町通信】古町×Noism 第13回/Crêperie Le Pont Marie

  • 情報掲載日:2019.06.15
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

りゅーとぴあの専属舞踊団Noismメンバーが古町のお店を訪ねる連載、今回登場してくれたのは香港出身のチャーリー・リャンさんさん。

1993年生まれで、香港演芸学院(HKAPA)卒業後はフリーランスの舞踊家として活動。
Noism1には2018年9月から所属しています。

意外にも(?)コンビニスイーツを中心に、毎日
甘いものは欠かさないというスイーツ男子なのだそう。

ならば、いっそ乙女なお店に連れて行っちゃおう! と鍛冶小路沿いのCrêperie Le Pont Marie(クレープリー ル ポンマリ)へ。

パリのカフェを思わせるピンク色のしゃれた外観に、「ビューティフル! 女の子が好きそうなお店だね」とチャーリーさん。

ポンマリの看板メニューは、フランスから取り寄せたクレープマシーンで焼き上げるガレットとクレープ。

まずは外のイスに腰掛けて、テイクアウトのクレープ『イチゴフランボワーズ』(770円)を軽くペロリ。

さらに店内で、卵とチーズたっぷりのガレット『コンプレット』(1,250円)を注文。

「お腹いっぱいじゃないの?」とお店のスタッフ・由紀さんの心配をよそに、「僕はいつでもハングリーだから大丈夫!」と実に頼もしいチャーリーさん。

時折おちゃめな表情を覗かせながら、気持ちいいほどモリモリ食べる姿は、その場にいた全員を笑顔に
していました!

---
さて、現在Noismは7月19日(金)~21日(日)にりゅーとぴあで開催される15周年公演にむけて稽古の真っ最中。
今回の公演は、〈上野の森バレエホリデイ2018〉での特別上演が好評を博し、芸術監督・金森穣氏の毎日芸術賞受賞にもつながった原点回帰のオムニバス『Mirroring Memories(ミラーリングメモリーズ)』と、最新作『Fratres Ⅰ(フラトレス ワン)』の同時上演となります。
ぜひ会場でお楽しみください!

公演情報、Noismの最新情報は下のリンクから。

Information

Crêperie Le Pont Marie(クレープリー ル ポンマリ)
住所
新潟市中央区古町通4-632-1
電話番号
025-201-6014
営業時間
11:00~18:00(水は~17:00)
休み
不定休
席数
9席
駐車場
なし
リンク
Crêperie Le Pont Marie Facebookページ

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同じエリアのスポット

SNS