こめへん生食コッペこめへん生食コッペ こめへん生食コッペ
  1. Home
  2. イベント
  3. W杯、アジア卓球選手権、国体ー。興奮が蘇る!

W杯、アジア卓球選手権、国体ー。興奮が蘇る!

  • 情報掲載日:2020.02.03
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
1964年国民体育大会写真(会場:新潟市陸上競技場)
1964年国民体育大会写真(会場:新潟市陸上競技場)

新潟市では大正期頃から本格的にスポーツが盛んになりました。

新潟市が会場となった
1964年の第19回国民体育大会、
1988年の第9回アジア卓球選手権大会、
2002年のFIFAワールドカップでは多くの新潟市民が関わり、大会を盛り上げました。

そのあとも数々のスポーツ競技や大会が行なわれています。
そして今年の夏、オリンピック、パラリンピックが東京で開催されます!

オリンピックを前に、新潟市がスポーツで燃えたあの日を振り返ってみませんか。

展示内容

「スポーツの始まりと浸透」
新潟にスポーツが導入され、浸透していく明治から昭和戦中期までの状況を写真を中心に紹介。

「風間栄一と戦後のスポーツ振興」
レスリングの普及に努めた風間栄一について、彼の遺品とともにその功績を紹介。

「戦後のスポーツ普及と国体・インターハイ」
戦後、さらに市民スポーツが盛んになり、インターハイ、国体など、大会に湧く新潟の様子を当時の資料からうかがう。

「国際親善とスポーツ」
日韓共同開催になった2002年のワールドカップを機に、新潟市と韓国ウルサン市にサッカーを通じた交流が生まれた。スポーツを通じたこれまでの国際交流の軌跡を追う。

レスリングポーズの風間栄一(昭和9年)
レスリングポーズの風間栄一(昭和9年)
村山正臣の水泳指導(明治45年)
村山正臣の水泳指導(明治45年)
FIFAワールドカップ2002年試合球
FIFAワールドカップ2002年試合球

ほか、同時開催として「新収蔵品展」も開催。

今年度、新たに収蔵された資料を紹介します。

Information

収蔵品展「歴史で見る新潟とスポーツ」・新収蔵品展
開催期間
※本イベントは終了しました。
2月15日(土)〜3月22日(日)
9:30〜17:00
会場名
新潟市歴史博物館みなとぴあ
会場住所
新潟市中央区柳島町2-10
休み
2月17日(月)、25日(火)、3月2日(月)、9日(月)、16日(月)休館
料金
入場無料
問い合わせ先
新潟市歴史博物館みなとぴあ
問い合わせ先
電話番号
025-225-6111
リンク
新潟市歴史博物館みなとぴあ
市報にいがた 令和2年2月2日発行 2712号

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同日開催のイベント

SNS