アピタ新潟亀田アピタ新潟亀田 アピタ新潟亀田
  1. Home
  2. イベント
  3. 新潟を舞台にした漫画『鬼火』の原画など約100点の作品を展示

新潟を舞台にした漫画『鬼火』の原画など約100点の作品を展示

  • 情報掲載日:2018.11.19
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
©ATELIER SENTÔ
©ATELIER SENTÔ

 

新潟市マンガの家では、企画展示「アトリエ・セントー『鬼火』の世界展」が開催されてます。

 

『鬼火 フランス人ふたり組の日本妖怪紀行』

舞台は日本、新潟。妖怪カメラを手に入れた2人の前に、日本のもうひとつの顔が姿を現わした。

日本の精霊たち、狐やタヌキ、その他の妖怪たちは、田舎の道ばたや神社の陰に隠れて、道に迷った旅人をいたずらしてやろうと待ちかまえている。

新潟の日本海の近くに住むことになったセシルとオリヴィエは、そんな妖怪たちをフィルムに焼きつけるという、ちょっと変わった中古カメラを買う。

ふたりは妖怪たちの姿を写真に撮ろうと追いかけるうちに、この世とあの世を行き来するもうひとつの日本の姿を描いていく。

 

本展では、コチラの作品の原画を中心に、約100点の作品が展示されています。

 

Information

「アトリエ・セントー『鬼火』の世界展」
開催期間
10月11日(木)〜1月15日(火)
11:00~19:00
会場名
新潟市マンガの家
会場住所
新潟市中央区古町通6番町971-7 新古町版画通 GEO古町通6番町 1・2F
休み
水曜、12月29日(土)~1月3日(木)
料金
観覧無料
問い合わせ先
新潟市マンガの家
問い合わせ先
電話番号
025-201-8923
リンク
新潟市マンガの家
市報にいがた 平成30年11月18日号 2683号

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同日開催のイベント

SNS