新潟のパーソナルジム新潟のパーソナルジム 新潟のパーソナルジム
  1. Home
  2. イベント
  3. 【今月の気になる】新作も多数!!25周年を迎えた、アートな里山旅に出かけ…

【今月の気になる】新作も多数!!25周年を迎えた、アートな里山旅に出かけよう|十日町市・津南町

  • 情報掲載日:2024.07.07
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

編集部が気になる話題を取材する『今月の気になる!!』。

今回は、7月13日(土)から越後妻有地区を舞台に開催されるアートイベント『大地の芸術祭』をご紹介します。

メインビジュアル
メインビジュアル

アートを媒介に地域の魅力を発信する地域芸術祭のパイオニアとして、国内外から注目される世界最大級の国際芸術祭。

7月13日(土)から開催される第9回展は、作品総数311点のうち新作・新展開85点と見応え充分です。

展示エリアはとにかく広大なので、まずは十日町エリアの越後妻有里山現代美術館 MonETか、松代エリアの「まつだい『農舞台』フィールドミュージアム」を起点に鑑賞するのがおすすめです。

現地状況などに伴い変更が出ることもあるので、お出かけ前に公式サイトにて確認を。

編集部注目の新作をご紹介!

野辺の泡|松代エリア・華園(中国ハウス)

『野辺の泡』 (イメージ画像) マ・ヤンソン/MADアーキテクツ
『野辺の泡』 (イメージ画像) マ・ヤンソン/MADアーキテクツ

観客は半透明なフィルムで覆わ れた泡の内部に入ることができ、 内と外から空間を体験できる

阿弥陀渡り|十日町エリア・MonET回廊

『阿弥陀渡り』(イメージ画像) 原倫太郎+原游
『阿弥陀渡り』(イメージ画像) 原倫太郎+原游

レアンドロ・エルリッヒ「Palimpsest:空の池」の上に水上歩道を設置。歩いて移動できる

時の回廊 十日町高倉博物館|川西エリア・旧高倉小学校

『時の回廊 十日町高倉博物館』 (イメージ画像) 力五山 -加藤力・渡辺五大・山崎真一 -
『時の回廊 十日町高倉博物館』 (イメージ画像) 力五山 -加藤力・渡辺五大・山崎真一 -

地域の重要な民具や農具が保管されていた、かつての体育館全体を作品として魅せる

アケヤマ –秋山郷立大赤沢小学校–|津南エリア・旧津南小学校大赤沢分校

『アケヤマ –秋山郷立大赤沢小学校–』 (イメージ画像)  [監修]深澤孝史 [会場構成]一般社団法人コロガロウ/佐藤研吾
『アケヤマ –秋山郷立大赤沢小学校–』 (イメージ画像)  [監修]深澤孝史 [会場構成]一般社団法人コロガロウ/佐藤研吾

廃校を「人間の生活の力を再び手に入れるための学校」として生まれ変わらせる

不思議な石|松之山エリア・黒倉十文字公園

『不思議な石』elparo
『不思議な石』elparo

等高線に着想を得て、自然と人工物を組み合わせた彫刻群からなる作品を制作

DATA

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2024
開催期間
7月13日(土)〜11月10日(日)10:00〜17:00(10・11月は〜16:00)
※一部作品・施設によって異なる場合あり
会場名
越後妻有地域(十日町市・津南町)
休み
火・水曜
※一部作品・施設によって異なる場合あり
料金
作品鑑賞パスポート:一般4,500 円、小中高生2,000円
問い合わせ先
「大地の芸術祭」の里 総合案内所
問い合わせ先
電話番号
025-761-7767
リンク
大地の芸術祭

同日開催のイベント