防災左防災右 防災上
  1. Home
  2. イベント
  3. どうやって作ったの? 驚くような作品を素材や技法とともに紹介

どうやって作ったの? 驚くような作品を素材や技法とともに紹介

  • 情報掲載日:2021.06.22
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
宮田宏平(三代藍堂)《美豆波乃女》1990年頃
宮田宏平(三代藍堂)《美豆波乃女》1990年頃

 

思いもよらない素材や技法で作った作品を、その素材や用具とともに紹介するコレクション展が、新潟県立近代美術館で開催されます。本展では、見る人の制作意欲をかき立てる、あっと驚くような作品の数々が展示されます。びっくりするものがたくさんあると思いますよ。親子でぜひ!

■ナニをつかってコウなった?

絵具の種類や塗り方の違いで、絵の表情も違ってきます。また、金属を使ったり、和紙や布を使って不思議な表情を出した作品も! このエリアでは「素材」に注目します。

■ドウするとコウなるの?

キャンバスに、筆を使わないで描く人続出!あっと驚く方法で魅力的な世界を作り出します。このエリアでは「技法」に注目します。

 

DATA

親と子のワクワク美術館 ナニがドウしてコウなった!?
開催期間
※本イベントは終了しました。
6月22日(火)〜8月29日(日)9:00〜17:00(観覧券の販売は16:30まで)
〈前期:〜7月25日(日)、後期:7月27日(火)〜〉
会場名
新潟県立近代美術館 コレクション展示室2
会場住所
長岡市千秋3-278-14
休み
月曜休館
※8月9日(月)は開館、8月10日(火)は休館
料金
観覧料:一般430円、大高生200円、中学生以下無料
問い合わせ先
新潟県立近代美術館
問い合わせ先
電話番号
0258-28-4111
リンク
新潟県立近代美術館

同日開催のイベント