長谷川さんクリスマス日刊にいがた_左長谷川さんクリスマス日刊にいがた__右 長谷川さんクリスマス日刊にいがた_スマホ
  1. Home
  2. イベント
  3. 東京で人気の「台本が読めるカフェ」を古町のカフェで開催!

東京で人気の「台本が読めるカフェ」を古町のカフェで開催!

  • 情報掲載日:2020.10.21
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

「演劇の脚本を、役者・スタッフ・観劇者の垣根なく、わいわい読み合わせすることができたら楽しいのではないか?」。

そんな思いから誕生したイベントが「読み合わせカフェ」です。
演劇等の脚本を「声に出して」「誰もが」「自由に」読み合わせをできる空間。演劇体験を誰もが気軽に楽しめる場所を作りたい、演劇を愛する人々が出会い、交流できる機会を作りたいと立ち上げられました。

東京・名古屋で計13回開催されているこのイベントを、新潟の劇団@nDANTEと東京の開催主体との共催として新潟市に招聘。
11月に新潟市古町のブルーカフェにて開催されることになりました。

店内に入り、各種消毒や健康確認、アンケートへの回答を行なった後、台本メニューを渡されます。
用意される台本は、東京、新潟の22団体22名の作家によるもの。
新潟の作家で言うと、劇団カタコンベ・戸中井三太さん、劇団第二黎明期・シダジュンさんらの脚本が用意されます。

貸し出し用の脚本は時間内であれば読み放題。
1部500円で、脚本の販売も行なっています。

黙読で楽しめるほか、声に出して楽しむこともできます。

店員にいる4~6名の「役者スタッフ」と一緒に、脚本を声に出して読み合わせすることができます(1回500円税込)。
お客同士での読み合わせもスタッフにてマッチングを行ないます。

滞在時間によって料金が決まるシステムで、最初の60分1,000円(税込。別途ワンドリンクオーダー制)。
その後は30分の延長につき500円(税込)となります。
学割もあり、学生証の提示で会計から500円(税込)引きです。

「黙読もいいですが、声に出して読むことの楽しみを感じていただきたいです」とスタッフ。

演劇未経験者、初心者も大歓迎!

事前予約は不要なので、ぜひふらりと足を運んで、気軽に演劇に触れる体験を楽しんでください。

Information

読み合わせカフェin新潟
開催期間
11月21日(土)14:30~21:00
会場名
ブルーカフェ
会場住所
新潟市中央区上大川前通1237-1 サンシャイン新飯田屋2F
料金
基本料金:60分1,000円(税込。ワンドリンク注文制)
延長料金:30分500円(税込)
読み合わせリクエスト:500円(税込)
問い合わせ先
劇団@nDANTE
問い合わせ先
電話番号
080-6521-9074
リンク
読み合わせカフェin新潟
備考

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

SNS