さどぼん_左さどぼん_右 さどぼん_スマホ
  1. Home
  2. イベント
  3. 戦前・戦中の雑誌に発表した會津八一の短歌の生原稿を初公開! 

戦前・戦中の雑誌に発表した會津八一の短歌の生原稿を初公開! 

  • 情報掲載日:2020.07.06
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
會津八一書画《双魚図・江南可采蓮》
會津八一書画《双魚図・江南可采蓮》

 

今年で開館45周年を迎えた「新潟市會津八一記念館」。

それを記念して會津八一記念館では、「新所蔵品展 〜新たなる発見〜」と題した企画展が開催されます。本展では、會津八一記念館がこの5年の間に新たに収蔵した八一の作品や資料を中心に展示します。

今回、目玉となるのは、初公開となる會津八一の短歌の生原稿!

戦前・戦中に八一が雑誌に発表した2作品(京都・龍安寺を詠んだ歌10首、および《火鉢》と題する5首)の直筆原稿と、有恒学舎(現県立有恒高校)創立者の漢学者増村朴斎に宛てた書簡です。特に、《火鉢》を掲載した雑誌「月刊毎日」は、毎日新聞社北京支局が発行していた珍しい雑誌なんですよ。

その他にも、會津八一の義弟であるドイツ文学者・櫻井天壇の遺族から寄付された八一の書画や櫻井家宛ての書簡なども展示します。

會津八一記念館のコレクションに彩りを添えるこれらの新所蔵品をぜひご堪能ください。

 

原稿《火鉢》(『月刊毎日』1945年3月号)
原稿《火鉢》(『月刊毎日』1945年3月号)

Information

會津八一記念館 開館45周年記念
「新所蔵品展 〜新たなる発見〜」
開催期間
7月14日(火)〜9月22日(火・祝)
10:00〜18:00(受付は17:30まで)
会場名
新潟市會津八一記念館
会場住所
新潟市中央区万代3-1-1 新潟日報メディアシップ5F
休み
月曜休館(ただし祝日の場合は翌日)
料金
観覧料:一般500円(税込)、大学生300円(税込)、
高校生200円(税込)、小・中学生100円(税込)
※土・日曜、祝日は小・中学生無料
問い合わせ先
新潟市會津八一記念館
問い合わせ先
電話番号
025-282-7612
リンク
新潟市會津八一記念館
市報にいがた 令和2年7月5日発行 2722号

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同日開催のイベント

SNS