こめへん白明アイス_左こめへん白明アイス_右 こめへん白明アイス_スマホ
  1. Home
  2. イベント
  3. みなとぴあ所蔵品の中から各学芸員オススメの「いっぴん」を紹介

みなとぴあ所蔵品の中から各学芸員オススメの「いっぴん」を紹介

  • 情報掲載日:2020.04.06
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

※当初6月7日(日)までの会期でしたが、6月21日(日)まで延長となりました。

 

みなとぴあ、2020年度最初の企画展は、みなとぴあの所蔵品の中から各学芸員がオススメする「いっぴん」を選び、見どころとともに紹介します。「みなとぴあといえば」といった定番の資料や、今回初めて公開する資料のほかに、「こんなものも?」などといった意外な資料も登場します。

 

↓↓学芸員さんたちがチョイスした作品の一部がコチラ!

森山一虎画「日満航路 -月山丸-」。新潟ー北朝鮮間を航行した大型貨客船の絵画が修復を終えてお目見え
森山一虎画「日満航路 -月山丸-」。新潟ー北朝鮮間を航行した大型貨客船の絵画が修復を終えてお目見え
萬代橋親柱の火鉢。木造萬代橋のシンボルの親柱が他の製品にリサイクル
萬代橋親柱の火鉢。木造萬代橋のシンボルの親柱が他の製品にリサイクル

 

その他にも、新潟湊に来航した初の外国船の姿が描かれている木版画や、大正時代の新潟がよみがえる再現画、湿田で使われた運搬具などが展示されます。

それぞれの「いっぴん」が重要であることはもちろん、機能を失ったモノでも歴史を伝える使命を持っていることなど、各学芸員の視点から資料の価値とユニークなポイントを紹介します。

 

関連イベント

●学芸員による展示解説会
学芸員による展示資料解説を毎週日曜に開催

●みなとぴあバックヤードツアー
4月18日(土)開催
博物館本館収蔵庫や敷地内の石庫など、普段入れない場所を案内

●博物館の資料を調べてみよう
5月30日(土)・31日(日)開催
※5月22日(金)までに申し込みが必要
土器などの拓本をとって、博物館の仕事を体験します

Information

企画展「いっぴん -学芸員おすすめの品-」展
開催期間
4月11日(土)〜6月21日(日)9:30〜17:00(観覧券の販売は16:30まで)
会場名
新潟市歴史博物館 みなとぴあ
会場住所
新潟市中央区柳島町2-10
休み
月曜休館
料金
観覧料:一般500円(税込)、大学・高校生300円(税込)、中・小学生200円(税込)
※常設展示観覧料を含む。小・中学生は土・日曜、祝日無料
問い合わせ先
新潟市歴史博物館 みなとぴあ
問い合わせ先
電話番号
025-225-6111
リンク
新潟市歴史博物館 みなとぴあ
市報にいがた 令和2年4月5日発行 2716号

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同日開催のイベント

SNS