こめへん生食コッペこめへん生食コッペ こめへん生食コッペ
  1. Home
  2. イベント
  3. 【燕市】カラフルなお菓子をお供えする燕の伝統行事

【燕市】カラフルなお菓子をお供えする燕の伝統行事

  • 情報掲載日:2020.01.23
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

学問の神様である菅原道真公を、

命日の2月25日に偲ぶ伝統行事「天神講」

 

全国各地で様々な天神講にまつわる風習が残り、

燕市の地区や家庭によっても違いはあるようですが、

天神様の掛け軸や置物などを飾り、

子どもの健やかな成長や学業成就などを願います。

 

燕の天神講は、色鮮やかなお菓子をお供えするのが

特徴なのです!!

開催場所と期間は下記のとおり!!

道の駅国上(燕市国上5866-1)…1月10日(金)~26日()、2月1日()~24日(月)

新潟市岩室観光施設いわむろや(新潟市西蒲区岩室温泉96-1)…~2月25日(火)

燕三条Wing(JR燕三条駅2階)… ~2月25日(火)

燕三条地場産業振興センター(三条市須頃1-17)…~2月25日(火)

道の駅庭園の郷保内(三条市下保内4035)…2月1日()~25日(火)

新潟ふるさと村アピール館(新潟市西区山田2307)…2月8日() ~9日(

※各会場の休館日等については、直接問い合わせを!

各会場で砂糖でできた金花糖や粉菓子、生菓子など、

燕市内の菓子店の商品を一堂に集め、

展示と販売を行ないます。

 

鯛や梅、海老に招き猫、だるまに大黒天など、

お店ごとにいろいろな種類があり、

主役である天神様の表情もそれぞれのお店で違います。

 

皆さんのご家庭でも、

色とりどりの天神講菓子をお供えしませんか!!

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

SNS