日刊にいがた_白馬バナー_左日刊にいがた_白馬バナー_右 日刊にいがた_白馬バナー_スマホ
  1. Home
  2. イベント
  3. 道具の形や働きなどがどんどん変わっていく様子を探検しよう!

道具の形や働きなどがどんどん変わっていく様子を探検しよう!

  • 情報掲載日:2019.11.29
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

 

道具を通して、昭和、平成の時代を振り返ろう!

 

ちゃぶ台、ローラー式洗濯機、

氷冷蔵庫、足踏みミシン、デルビル磁石式電話、

ブラウン管テレビ、ラジカセ、

家具調ステレオ、炭火アイロンなど・・・

当時使われた懐かしい道具や家電の数々を展示する企画展です。

 

デルビル磁石式電話
デルビル磁石式電話
電気炊飯器
電気炊飯器

 

それぞれの時期の道具や電化製品を前に、
子どもたちに、初めて使った時の驚きや、使い方、
どのように暮らしが変わっていったかを話してみてください。

 

Information

企画展「探検! むかしのくらし」
開催期間
11月16日(土)〜3月8日(日)
9:00〜17:00(12月からは10:00〜16:00。入館は閉館の30分前まで)
会場名
上越市立歴史博物館
会場住所
上越市本城町7-7
休み
月曜休館(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日、12月29日(日)〜1月3日(金)
※ただし10月23日(水)、11月24日(日)は開館
料金
観覧料:一般500円(税込)、小中高生250円(税込)
※幼児および上越市内の学校に通う小中学生は無料
問い合わせ先
上越市立歴史博物館
問い合わせ先
電話番号
025-524-3120
リンク
上越市立歴史博物館(上越市ホームページ)

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同日開催のイベント

SNS