アピタ新潟亀田アピタ新潟亀田 アピタ新潟亀田
  1. Home
  2. スペシャル
  3. 【ライブレポート】ネギフェス2018に行ってきました!

【ライブレポート】ネギフェス2018に行ってきました!

新潟が誇るアイドルNegiccoがオーガナイズした最高にポップな1日

  • 情報掲載日:2018.11.02
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

我らがNegiccoが企画する野外ライブイベント「NEGi FES 2018 in 新潟」が、去る10月13日に新潟・北方文化博物館 西門広場 野外大ステージで行われた。

見事な秋晴れの下、大盛況で幕を下ろした1日をレポートします(ちょっとおくればせながら)!

「NEGi FES」は、2015年にスタートしたNegicco主催のライブ企画。

昨年に引き続き、北方文化博物館の野外ステージで開催された。

今年のラインナップを見て、驚きの声をあげたロックファンも多かったのでは?

YOUR SONG IS GOOD、サニーデイ・サービス、KIRINJI、CRCK/LCKSという4組は、耳の肥えたリスナーをうならせる本格派のロックバンド。



こんな顔ぶれが新潟で、しかも我らがNegiccoが企画するフェスで見られるなんて、びっくりだよ、まったく!

新潟のご当地グルメや「NEGi FES」限定メニューが登場したフードコート
新潟のご当地グルメや「NEGi FES」限定メニューが登場したフードコート

Negiccoによる開会宣言の後、トップバッターとしてステージに立ったのはYOUR SONG IS GOOD。
太陽がてっぺんにある日中から、カリプソやアフロビートなど多ジャンルを飲み込み作り上げていくダンスミュージックの気持ちよさと言ったら!
Negiccoへの提供曲「カリプソ娘に花束を」では、3人もステージに立ちうれしいコラボレーションが実現。

続いて登場したサニーデイ・サービス。
1曲目は、な、なんと「baby blue」(ファンでスミマセン!)。
現在進行形で最先端の音楽をクリエイトし続けるベテランバンドが、この日ばかりは90年代のナンバーを次々と鳴らしていく。
声をあげ、体を揺らす明らかにアラフォーな観客の満足そうな顔! かお!! カオ!!!

会場内は穏やかなリラックスムード。子連れのお客さんも多かった
会場内は穏やかなリラックスムード。子連れのお客さんも多かった

KIRINJIのステージが始まると、打って変わって今度はアーバンな雰囲気に。
サニーデイとは違い、最新アルバムの曲が中心のセットリスト。
KIRINJIならではのメロウな曲の数々は、日暮れの空にハマりすぎ。
もう、オシャレすぎ!!


CRCK/LCKSはテンポのいいグルーブを奏で、そのままNegiccoのバックバンドに。

お揃いのコーディネートで登場したNegiccoに向けられた歓声と拍手!
彼女たちに向けられたあたたかいファンの気持ちが一気に会場にあふれだす。

3人は最新アルバム「MY COLOR」を中心にステージを披露。
それにしても近年のNegiccoの楽曲は、もうアイドルという枠を超えている気が。
ミュージシャンとしての存在感が際立つステージまわしは、キャリアのある彼女たちならではだ。
それでいて、キュートさはまったく色あせることがないんだから、本当にすごい。

暗くなった会場で、ファンの手に握られたペンライトの灯りが会場を幻想的に包む。
3人の歌やMCから伝わってくるのは、ファンへの感謝と地元愛だ。
これこそが、変わらないNegiccoの魅力だと改めて強く思う。

最後に「ねぇバーディア」「さよならMusic」とノリのいい2曲で、めでたく大団円。

こんなに多幸感にあふれ、音楽的にもクオリティの高いフェスにはそうそう出会えない。
会場にいた誰もが来年の開催を強く願い、最高の一日が幕を下ろした。

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS