パンとカフェとごはんの本パンとカフェとごはんの本 パンとカフェとごはんの本
  1. Home
  2. スペシャル
  3. 粟島初のカフェでみんなを笑顔に! ―小さな島でゆっくり絆をつなぐ暮らし…

粟島初のカフェでみんなを笑顔に! ―小さな島でゆっくり絆をつなぐ暮らし― カフェ そそど店主 世良健一さん

にいがたU・Iターン総合サイト「ニイガタビト」インタビュー

  • 情報掲載日:2019.08.16
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

新潟県U・Iターン総合サイト「にいがた暮らし」では、新潟へU・Iターンした先輩や新潟で夢に向かって輝いている方を『ニイガタビト』として紹介しています。

今回のニイガタビトは粟島浦村でカフェそそどを営む世良健一さん。大学卒業後、会社員経験を経て、カフェ開業の夢を叶えるために都内で修行していました。2014年、粟島浦村に移住し、島で初めてのカフェをオープン。現在は妻と娘の3人で、ゆっくり時間が流れる粟島での暮らしを楽しんでいます。移住後に自分自身も変わっていったという世良さん。小さな島への移住に大切なこととは――リアルな体験を語ってくれました!

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS