日刊ジャックG20縦日刊ジャックG20縦 日刊ジャックG20横
  1. Home
  2. おでかけ
  3. 【おでかけドライブ】小千谷市に行って織物の文化に触れよう!

【おでかけドライブ】小千谷市に行って織物の文化に触れよう!

ぬのギャラリー/まるいち/市民の家・小千谷信濃川水力発電館おぢゃ〜る/さつまいも農カフェきらら/錦鯉の里

  • 情報掲載日:2019.04.12
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

伝統ある小千谷縮について学べて、素敵な小物や洋服なども買える布ギャラリー

「小千谷縮」をはじめとした、麻織物の全国有数の産地として知られる小千谷市。
麻織物製品の企画・製造・販売までを一貫して行なう水田株式会社の「布ギャラリー」では、「手軽に小千谷縮に触れてもらえるように」と、巾着やポーチ、ペンケースといった小千谷縮を使ったかわいらしい雑貨類や洋服などを販売。

また、2階には小千谷市における織物の歴史を紹介する資料コーナーもある。買い物を楽しみながら、小千谷市の伝統文化について学ぶことのできるスポットだ。


ぬのギャラリー
data
小千谷市旭町乙1261-5
tel.0258-82-3213
10:00~17:00
無休
駐車場20台

ランチはここで

「ふのり」を使った自慢のそばを味わう

「ふのり」を使った、のどごしのよい細麺のそばが評判。

人気メニューは『天ざる』(1,512円)。

『どぶろく』も名物なので、お土産におすすめ

まるいち
data小千谷市真人町乙794-1
tel.0258-86-3037
11:00~14:00(夜は予約により営業)
水休
席50
駐車場30台

ここにも立ち寄って

市民の家・小千谷信濃川水力発電館おぢゃ〜る

水力発電のしくみをゲームやシミュレータを通して学ぶことができる施設。屋外にキャンプやバーベキューができるスペースも用意している。

さつまいも農カフェきらら

小千谷市の農産物を販売するほか、サツマイモを使ったランチやスイーツが味わえる人気店。
看板メニューは『焼き芋ソフトクリーム(』420円〜)。

錦鯉の里

「泳ぐ宝石」と呼ばれる錦鯉の歴史や生態を学べる。館内で飼育されている20種類ほどの錦鯉を間近で鑑賞できるほか、鯉のエサやりもでき人気だ。

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS