新潟の佐渡島へ、旅しませんか?『さどぼん』発売中!!佐渡島で、の〜んびり夏休み。『さどぼん』発売中!! 佐渡島で、の〜んびり夏休み。『さどぼん』発売中!!
  1. Home
  2. おでかけ
  3. 秋葉公園からの温泉カフェわかば。自然あふれる秋葉区でいっぱい遊ぼう!

秋葉公園からの温泉カフェわかば。自然あふれる秋葉区でいっぱい遊ぼう!

ママとキッズのおでかけタウン

  • 情報掲載日:2018.07.06
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

県内にお住いの親子さんに、家族みんなで楽しめるスポットを紹介してもらう月刊にいがたの人気連載「ママとキッズのおでかけタウン」に今回登場してくれたのは、新潟市秋葉区にお住いの齋藤さん親子です。

ママの知恵子さんは保育士の資格をいかし、「こどもくらしJAM」という団体を立ち上げて、親子向けのイベントを企画運営しており、子育て分野で公私ともに奮闘中!6歳の朱音ちゃんは、ダンススクールに通う元気な女の子。弟の瑛大くん(1歳)はよちよち歩きながらも、気付くとかなり遠くまで行っちゃっているというアクティブな男の子です。

そんな3人にお気に入りの遊び場を教えて貰いました。

「ほぼ毎日行くのは、秋葉第2キャンプ場です。朱音がAkiha森のようちえんに通っていて、その迎えがてら瑛大も一緒にここに立ち寄ります」

その秋葉第2キャンプ場は、秋葉公園内にあります。
早速行ってみましょう!

湿地に遊歩道が作られていたり
湿地に遊歩道が作られていたり
自生する木を活用したブランコがあったり・・・
自生する木を活用したブランコがあったり・・・
こんな大きなツリーハウスがあったり!!
こんな大きなツリーハウスがあったり!!

森の中にこんな遊び場があったとは、驚きです。
坂道を登り、ツリーハウスを駆け回ったりとかなりのワンパクぶりに編集部、息切れ(笑)
子供たち元気すぎる(*´Д`)

「自然をいかした造りが、子供たちにとっていい環境だなと思いました。どの遊具も遊び方が決められていないので子供たちが自分で考えて、いろんな遊びができるのも魅力ですね。子供たちはこの場所を『ひみつの森』と呼んでいます。いつも3時間くらい思いっきり遊んで帰るので、ふたりとも夜は早く寝ちゃいます(笑)」

近くには、遊具が置かれたほかの広場や秋葉湖もあり、子供たちの楽園です。

【秋葉第2キャンプ場】
新潟市秋葉区3-7383-4
問:0250-25-5690(新潟市秋葉区役所 建設課)

次なる場所を聞くと、
「温泉カフェわかばです。花の湯館という日帰り温泉施設のなかにあるお店で、いつも湯上り後がここでご飯を食べることが多いです。朱音はラーメンが好きですし、私は定食をいつも注文します」

ふたりのイチオシメニューがこの2品。

『お子さまラーメン』(350円)。施設内にある駄菓子コーナーでお菓子と交換できる引換券が貰えちゃうという特典が!(※子供限定)
『お子さまラーメン』(350円)。施設内にある駄菓子コーナーでお菓子と交換できる引換券が貰えちゃうという特典が!(※子供限定)
『わかな定食』(930円)。地元産の野菜や近郊の特産品をたっぷりメニューに活用。主役の唐揚げは食べ応えあります!
『わかな定食』(930円)。地元産の野菜や近郊の特産品をたっぷりメニューに活用。主役の唐揚げは食べ応えあります!

どちらもおいしそ~~(∩´∀`)∩
食事のほか、ソフトクリームやコーヒーなどの喫茶メニューもあるのでゆっくりお茶を楽しむなんてこともできますよ。

店内は座敷やソファ席といった子連れにもうれしい席を用意されています。
カフェのみの利用も可能なので気軽に足を運んでみてください。

【温泉カフェ わかば】
新潟市秋葉区天ヶ沢498-1 花の湯館2F
0250-38-5800
11:00~21:00(フードLO20:00、スイーツ・ドリンクLO20:30)
第2水曜定休
席数40
駐車場100台

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS