パンとカフェとごはんの本パンとカフェとごはんの本 パンとカフェとごはんの本
  1. Home
  2. ライフ
  3. 隠れ家のような古本店で、文学的な気分に染まる

隠れ家のような古本店で、文学的な気分に染まる

  • 情報掲載日:2019.08.29
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
「古本詩人ゆよん堂」外観
「古本詩人ゆよん堂」外観

「ウチノ食堂藤蔵KitchenTo-Zo-」や「雑貨・古道具 デネッカ」など、若者が街を盛り上げようと頑張っている新潟市西区・内野エリアに、また新しいお店がオープンしました。

店名は「古本詩人ゆよん堂」。
スーパーいちまんや、内野保育園そばの踏切のたもと、店舗が集まる建物の一角で営業する古本のお店です。

店内
店内

もともとギャラリーだったという店内には、本がぎっしり。
レコード盤から流れるBGMが心地よさを演出しています。

店名の「ゆよん」は、中原中也の詩『サーカス』の、空中ブランコの動きを表した一節から。

「空中ブランコが揺れるように、現在と過去を行き来できる場を作りたい」と店を開いたという店主・山田さん。

店主・山田正史さん
店主・山田正史さん

山田さんの好きな大正・昭和初期の詩集をはじめ、年代もジャンルもさまざまな本がほどよくランダムに並び、宝探しのような気分で本選びができます。

また「クリエイティブなアイデアを刺激する場所になれば」と山田さん。
流木を用いた棚や古道具、アート作品などにもぜひ注目してみてください。

トランクを利用した書棚も
トランクを利用した書棚も

さらに店内をよく見ると、あちこちにイスが置かれていることに気づきます。
なかには、周囲を壁に囲まれた席も。
これは、「自分にとっての"とっておきの一冊"をゆっくり吟味してほしい」という山田さんの心遣いから。
時間を忘れて長居してしまいそうです。

なお、喫茶営業も実施。
古書店でありながら、コーヒーやビール、軽食などを味わいながら読書ができる「ブックカフェ」でもあるというわけです。

お気に入りの一冊との出会いはもちろん、店内で過ごすひと時や、山田さんとの会話、そして内野エリアの散策もあわせて楽しんでください。

Information

古本詩人ゆよん堂
住所
新潟市西区内野山手2-17-1 コーポ青雲Ⅰ・106号
電話番号
080-5456-3019
営業時間
15:00~19:00(金は~21:00、土は12:00~21:00、日は12:00~20:00)
休み
月・火曜(祝日の場合は営業)
駐車場
2台
リンク
古本詩人ゆよん堂 Facebookページ
備考

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同じエリアのスポット

SNS