パンとカフェとごはんの本パンとカフェとごはんの本 パンとカフェとごはんの本
  1. Home
  2. ライフ
  3. 新潟県スキー場のおトク情報 探してみました【その2 北陸・上信越道沿線編】

知って助かるお金のはなし

新潟県スキー場のおトク情報 探してみました【その2 北陸・上信越道沿線編】

どうせ滑るならおトクに滑りたい〜!

  • 情報掲載日:2018.12.11
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

県内スキー場のお得ネタを調べるミッション。
第2弾は、妙高エリアを中心としたスキー場の情報です

調査は12月9日現在

シーズン中にも、スキー場ごとにお得情報は更新されそうな予感がするので
お出かけ前には[スキー場名 おトク]などのキーワードで検索を〜
実際、完全に「定価販売のみ」ってスキー場はほとんど無いような…
年間パスやイベント会場などで扱われる「早割・特割」だと、これからの入手は難しそうですが
コンビニで割引チケットを売っていたりしますしね。

では、調べられる範囲でまとめてみましたのでご覧あれ。


利用条件や利用期間など、利用前には公式サイトでご確認を!

プリントアウトが必要(必要事項要記入)なものや、
スマホの画面を見せるだけというタイプもありますよ〜

まず

「スキー場公式」とは少し違うかもしれませんが株式会社STA(旧全日本スキー旅行業協会)でも割引券を提供しているようです。新潟県内だけでも結構充実しています

http://www.skista.co.jp/

はい、ココまではその1のほぼコピペです。便利なリンクだから許してね。

 

で、調査結果です↓

安塚のキューピットバレイでは(温泉が気持ちいっす)

https://www.smile-resort.com/again/index_2019.php

スマイルリゾートの今シーズンの使用済みリフト券を持参するとリフト券の割引が受けられます。

割引料金はそれぞれ異なるようですが、だいたい1,000円〜800円というところ。ランチ料金分くらいが浮く計算じゃん!

あと、キューピットバレイはスマイルリゾートグループなので

スマイル18割、21割もやってますね。

いいなぁ若者…

 

 

お次は妙高池の平スキー場

https://ikenotaira.info/assets/pdf/ikenotaira_waribiki_ski.pdf

新潟県外を含め48のスキー場と提携して使用済みリフト券を持参すると500円〜1,000円の割引が受けられるようです。ちょっと見逃しそうな内容。

近隣だと、⾚倉観光リゾートスキー場、妙⾼杉ノ原スキー場、⾚倉温泉スキー場などの名前もあがっています。妙高高原に連泊する人はチェックして損はないでしょう。

 

お次。赤倉温泉スキー場

小学生のリフト券はいつでも1,000円(未就学児無料)とありました。

毎月第3日曜日はスキーこどもの日です。

ということで以下のスケジュールが発表されていました。

1月20日(日)は『スキーこどもの日』(赤倉全山 小学生以下無料)。2月17日(日)は『スキーこどもの日』(赤倉全山 小学生以下無料)。3月17日(日)は『スキーこどもの日』(赤倉全山 小学生以下無料)

 

そんでもって

インターチェンジからスキー場麓までの距離よりも最長滑走距離のほうが長いといわれるビッグエリア

妙高杉ノ原スキー場では、前述の相互割引協定のほかにも

やっぱりありました! さすがプリンスグループ(←バブルの頃から「西武系」大好きなアラフィフ)

http://www2.princehotels.co.jp/ski/myoko/lift/coupon.html

もうね、最近は1日券以外に「4時間券」の設定があるだけでも嬉しいもんね。4時間券にドリンク付きのお得な設定があるなんて…

「プリンター持ってねぇよ(最近じゃ会社も厳しいし)」なんてときでもスマホ画面の提示でOK(←やさしい!)

あと、アプリなどを使ったweb販売も行なっているようで、そちらも割引の設定がありそうです。

 

あと、ゲレンデはお隣長野県ですが新潟県側からリフトにアクセスできる斑尾界隈を調べてみましたところ(スキーを履いて、ゲレンデ内で県境を越えられるコトに、なんとなくコーフンしてた若い頃…(遠い目)

タングラムスキーサーカスのサイトに

https://www.tangram.jp/ski/

「WEB限定優待チケット」(※ただいま準備中)のバナーを発見!

これは要チェックですね!

 

 

関連記事

SNS