ビルボードプレイスの春服特集ビルボードプレイスの春服特集 ビルボードプレイスの春服特集
  1. Home
  2. ライフ
  3. ユーチューブに広告を入れるにはどうしたらいいの?

知って助かるお金のはなし

ユーチューブに広告を入れるにはどうしたらいいの?

ユーチューバーに聞いてみました

  • 情報掲載日:2018.12.24
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

みんなよく見るYouTube。
最近は、憧れの職業に「ユーチューバー」なんて挙げる子供も多いようですね。

さて、そんなユーチューバーに欠かせないのが、ユーチューブ上での広告。どうやったら広告を入れられるのでしょうか??
自称・ユーチューバーのAさんに聞いてみました!

 

●ユーチューブに広告を入れるにはどうしたらいいのですか?

まず最初にYouTubeアカウントを取得、次にGoogleアドセンスアカウントを取得、この2つを接続させてからの、広告収入ができるようにYouTubeの設定からGoogleに申請。
申請が許可されない限り、広告収入はもらえません。
申請が受け付けられてOKが出ると、自宅にGoogleから申請完了のハガキが来ます。
この瞬間かなりテンション上がりました!
これでやっと広告収入への第一歩が完了。最初のこの申請がかなり面倒(笑)。
あとは動画を撮り、編集、アップロードし、動画公開設定にて広告をつけるを押せば完了!

 

●ユーチューブ広告の料金はどれくらいなのですか?

これははっきりとした金額が発表されていないのです。規約で発表は絶対にタブーと書いてあるのではっきりとした収入は教えられません。
ちなみに有名な人と普通の人では1表示広告の単価がかなり違う。
一般的に言われているのは、1再生0.01円とか0.02円、有名になれば1円とか、、、みんな違うんですよ(笑)。
あと、1再生と再生時間によってかなりの金額が変わってくる。
例えば再生数を多く取っている人でも、すぐに動画を飛ばされたりすると広告料金が少なかったり。
逆に再生数が少なくても、連続してロング動画(約15分以上)を見続けられればかなり広告料金もらってたり。

 

●ユーチューバーとして収入を得ている人はどれくらい儲けているのでしょう??

ピンキリです!
だいたいチャンネル登録数が20〜30万人くらいいれば普通に生活できると言われている。
大手になればなるほどもう収入は、、、億は余裕で、、、(笑)。
ただ、いま生き残っている人はほとんどユーチューバー専門事務所に所属しているので、収入の20パーセントくらいは事務所がとり、残りを本人が、、的な感じになっているみたいですよ。

●Aさんご自身が広告を入れたときはどんな感じでしたか?

参入は遅かったですが、一応ユーチューバーという言葉がない時代から動画投稿してました。
動画を投稿したもののなかなか再生数が伸びなくて、、、でも動画を上げ続けると、1つくらいいきなり再生数が伸びる動画が出てくるんです。
そういうのをヒントにして、再生数を稼ぐ動画ばかりを上げたことがあります。収入は増えますが、なんかつまらなくなっていきます(笑)。
楽しくやるか、仕事として割り切るか、とても難しいところですよね。
あとガチでやりたいなら、企画力もかなり大事になって来ます。
ターゲットを絞ることもかなり重要になってきます。
動画自体はほんとに面白いとか、見たいと思われたり、とかしないとマジで再生数が伸びません。
ただ、面白い動画を作ったからといって再生数が伸びるとも限りません。どのようにして拡散したり、そこまで頭使わないと生き残れないと思います。
ただ単に動画を上げてたまたまヒットする的なことはほぼなくなって来ています。
ユーチューバーが認知されて来てから、新規参入がかなり多く、毎年YouTube利用規約が厳しくなって来ています。
規約が変わったり、条件に達しない人は広告剥がされたり、もう色々ありますよ。

 

●ユーチューバーの心得を教えてください。

見られるためには色々とありますが、皆さんやり方が違います。
例えば、サムネ(サムネイル)でボタンを押して見たくなるようなものを作ったり、
検索で引っかかりやすく作ったり、
…裏話はかなりありますがコンプラ引っかかると悪いのでこの辺で、、、(笑)。

関連記事

SNS