弥彦湯上りバル左弥彦湯上りバル左 弥彦湯上りバルスマホ
  1. Home
  2. グルメ
  3. 昭和、平成、そして令和へ。お客さんの愛情が変わらぬ味をつなぐ|新潟市…

昭和、平成、そして令和へ。お客さんの愛情が変わらぬ味をつなぐ|新潟市中央区上大川前通

  • 情報掲載日:2019.05.25
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

ニンニクが香り、食欲をそそる蓬来軒の看板メニュー『たんめん(820円)。
昭和39年生まれの、このメニューは時代が令和になっても、変わらず多くの人たちに愛され続けています。

屋台営業の頃
屋台営業の頃

上写真は、蓬来軒(ほうらいけん)の店内奥のテレビ下に飾られているもので、まだ屋台で営業していた頃の写真です。おそらく昭和31年頃。
今回紹介するタンメンは、この頃はまだ登場していませんでした。「タンメンは自分の親父(2代目)になってからです」と話すのは、3代目であり現店主の三井篤司さん。

店主・三井篤司さん
店主・三井篤司さん

タンメンの登場は昭和39年。
篤司さんのお父さんが店を切り盛りするようになった時から提供されるようになったそうです。しかし、16年前にお父さんが急病のため他界。篤司さんは父の跡を継ぎ、母・百合子さんとともに蓬来軒の看板を守ってきました。

「だから、直接作り方は習っていないんです(笑)。子どもの頃から、時々お店で食べていた味の記憶と母の指導、そして何よりお客さんからのアドバイスが頼りでした」と言います。
篤司さんの前職は広告代理店の営業マン。味を絶やしてはいけないと仕事を辞め、自ら厨房に立ちました。
当初は「しょっぱい」「前と違う」などと言われたことも多かったといいます。ただ、そうやって意見をしてくれるお客さんたちの愛があったからこそ、タンメンの味は今につながっているのです。

ほどよくニンニクが香り、炒め野菜のうまみがにじんだ塩味スープと細麺による昭和生まれの一杯。
今ではもう「お父さんの味と同じだわ」と言われることがほとんどになりました。

Information

蓬来軒
住所
新潟市中央区上大川前通9-1262
電話番号
tel.025-222-7208
営業時間
11:00~14:00/17:30~21:00
休み
日曜、祝日
席数
24席
駐車場
2台

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同じエリアのスポット

SNS