パンとカフェとごはんの本パンとカフェとごはんの本 パンとカフェとごはんの本
  1. Home
  2. グルメ
  3. 村上藩主に献上された歴史ある煎茶

村上藩主に献上された歴史ある煎茶

  • 情報掲載日:2019.03.10
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

九重園では北限の茶処・村上で栽培された茶葉を使い、味のやわらかさ、葉の美しさを大切にしたお茶づくりを続けて270年。

看板商品の『舞鶴』(100g 2,160円)は歴代の村上藩主に愛され、江戸時代の後期には年貢として納められたお茶。

その味わいは実に上品で、口に広がる豊かなお茶の香りと飲んだ後に残る心地よい余韻が特徴だ。

また店内には町屋をいかした喫茶スペース・九兵衛庵もあり、お茶のプロが提供する抹茶や煎茶を味わうことができる。

高級煎茶などの人気商品を気軽に楽しんで ほしいと誕生した、 40 グラムの小容量 パック『なな彩(いろ)の詩』各種540〜1620円
高級煎茶などの人気商品を気軽に楽しんで ほしいと誕生した、 40 グラムの小容量 パック『なな彩(いろ)の詩』各種540〜1620円
喫茶で提供する『お抹茶セット』 (540円)
喫茶で提供する『お抹茶セット』 (540円)

Information

九重園(ここのえん)
住所
村上市小国町3-16
電話番号
tel.0254-52-2036
営業時間
8:00~17:30
休み
無休
席数
15
駐車場
P15台

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同じエリアのスポット

SNS