パンとカフェとごはんの本パンとカフェとごはんの本 パンとカフェとごはんの本
  1. Home
  2. イベント
  3. 書家、歌人、美術史研究者―。會津八一の業績と生涯を紹介

書家、歌人、美術史研究者―。會津八一の業績と生涯を紹介

  • 情報掲載日:2019.03.04
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
八一肖像写真  濱谷浩撮影(C)片野恵介
八一肖像写真  濱谷浩撮影(C)片野恵介

 

會津八一は、1881年8月1日に新潟市古町通5番町(今の中央区古町通)で生まれました。

 

10代のころから俳句を詠む文学青年で、良寛(1758~1831年、江戸時代の越後の僧)の書や歌、万葉集にも親しみました。早稲田大学を卒業後、歌人、書家、東洋美術史の研究者、そして教育者として立派な仕事をしました。

 

今回の展覧会では、「書」「歌」「東洋美術」「教育」の分野に分けて八一の書画作品や資料を展示し、八一のマルチな業績と生涯をわかりやすく紹介します。

 

さらに、エピソードを示す写真や資料も紹介。「料亭「會津屋」の次男」「サウスポー・八一」「乗馬と八一」「初恋の人・ふみ子」といった知られざる八一の素顔を描き出します。

 

また、今年は八一も尊敬していた良寛が生まれて260年。若いころ新潟市内で目にしていたという良寛の文字による商店(飴屋)の看板や、良寛をテーマにした八一の書も展示し、八一がつねに良寛の芸術を身近なものとしていたことも紹介します。

 

そのほか、同時開催として「第12回會津八一の歌を映す写真コンテスト入賞入選作品展」も行ないます。写真を通じて八一のうたごころを感じることが出来る良い機会です。

 

Information

新潟市會津八一記念館 "平成最後"の企画展
『八一を知る 八一がわかる ーそのマルチな業績と人生ー』
開催期間
12月20日(木)〜3月24日(日)
10:00〜18:00(17:30まで受付)
会場名
新潟市會津八一記念館
会場住所
新潟市中央区万代3-1-1 新潟日報メディアシップ5F
休み
月曜休館(ただし祝日の場合は翌日)、3月22日(金)休館
料金
入館料:一般500円、大学生300円、高校生200円、小中学生100円(土・日曜、祝日は小中学生無料)
問い合わせ先
新潟市會津八一記念館
問い合わせ先
電話番号
025-282-7612
リンク
新潟市會津八一記念館
市報にいがた 平成31年3月3日号 2690号

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同日開催のイベント

SNS