アピタ新潟亀田アピタ新潟亀田 アピタ新潟亀田
  1. Home
  2. イベント
  3. 少女マンガを革新・リードしてきたマンガ家・竹宮惠子、画業50年のあゆみ

少女マンガを革新・リードしてきたマンガ家・竹宮惠子、画業50年のあゆみ

  • 情報掲載日:2018.11.21
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
©竹宮惠子
©竹宮惠子

 

マンガ『風と木の詩』や『地球〔テラ〕へ…』『天馬の血族』などで知られ、少女マンガを革新・リードしてきたマンガ家・竹宮惠子(たけみやけいこ)氏。京都精華大学学長など多方面で活躍し、最近では自伝エッセイ『少年の名はジルベール』も話題を呼んでいます。

 

2017年は、竹宮氏が1967年にマンガ雑誌『COM』へ『ここのつの友情』を投稿し、掲載されてから50周年という記念の年でした。

今回の展示会では、多数の貴重な肉筆原画や、竹宮氏自身が技術開発を手がけた精巧な複製原画『原画’〔ダッシュ〕』などを中心に、画業50年のあゆみや創作の裏側をたっぷり観ることができます。

 

■展示構成

第1章『風と木の詩』
第2章 デビューから『イズァローン伝説』まで
第3章 『地球へ…』&SF作品
第4章 『天馬の血族』ほか個展描き下ろしまで

 

★特別イベント「竹宮惠子 トーク&サイン会」を開催!

12月15日(土)に、新潟市マンガ・アニメ情報館にて、竹宮惠子、本人によるトーク&サイン会が行なわれます。コチラは事前申し込みが必要で、定員は100名です。

日時:12月15日(土)14:00〜16:00(予定)
会場:新潟市マンガ・アニメ情報館
定員:100名(事前申し込み制、応募多数の場合は抽選)
聞き手:belne(ベルネ)

belne(ベルネ)氏とは、マンガ家・長年の竹宮惠子ファン。『COM』掲載の『かぎッ子集団』を読んでファンレターを出す。『私を月まで連れてって!』のダンと、『天馬の血族』のオルスボルトの熱狂的なミーハー。

応募は11月30日(金)まで。必着。

 

Information

竹宮惠子 カレイドスコープ −50th Anniversary−
開催期間
11月17日(土)~1月14日(月・祝)
11:00〜19:00(最終入場18:30。土・日・祝日は10:00~)
※12月31日(月)は17:00閉館(最終入場16:30)
会場名
新潟市マンガ・アニメ情報館
会場住所
新潟市中央区八千代2-5-7 万代シテイBP2 1F
休み
1月1日(火)は休館
料金
入場料:一般900円、中高生700円、小学生300円
問い合わせ先
新潟市マンガ・アニメ情報館
問い合わせ先
電話番号
025-240-4311
リンク
新潟市マンガ・アニメ情報館
市報にいがた 平成30年11月18日号 2683号

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同日開催のイベント

SNS