花園歯科花園歯科 花園歯科
  1. Home
  2. イベント
  3. 新作とレパートリーの2本立て! Noism2の定期公演、間もなく開催

新作とレパートリーの2本立て! Noism2の定期公演、間もなく開催

  • 情報掲載日:2018.01.19
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

「Noism2」ってご存知ですか!?

「Noism2」は、りゅーとぴあ専属舞踊団Noismの研修生カンパニー。
(ちなみに国内の劇場専属舞踊団は、ここ新潟のNoismが唯一の存在なのです!)
プロを目指す10代から20代前半の若手舞踊家が所属しています。

りゅーとぴあで開催されている定期公演は今回で9回目。

今シーズンはNoism設立メンバーであり、現在は振付家・舞踊家として国内外で活躍している島地保武さんが新作を発表。
同時にNoism芸術監督・金森穣さん振付によるNoism作品のなかから、Noism2リハーサル監督・山田勇気さんが構成したレパートリーも上演されます。

1月26日(金)から始まる公演を前に、公開リハーサルが行なわれました。

まずはNoismレパートリーから。

伝説の作品『SHIKAKU』『Nameless Hands~人形の家』をはじめ、6つのNoism作品で構成。
演出・山田さんいわく、「女性メンバーだけであることや、人数の面などを考慮して作品やシーンをチョイスしたら、この6作品になったという感じです。でも結果的に今のNoism2でしかできないものになったと思います」と語っています。
Noismファンなら「あ、あのシーンだ!」とワクワクできると思いますし、そうでなくても、Noismの名作を一度に楽しめる、かなりオイシイ公演だと思います!

---
続いては島地保武さんの新作『私を泣かせてください』のリハーサル。

2年前の『かさねのいろめ』に続きNoism2への振り付けは2回目となる島地さん。
ヘンデルの合奏協奏曲とオペラ『リナルド』のアリアを用い、「人」と「魔女」というふたつの集団を登場させ、「自由とは」をテーマに創作された作品です。
人間にも魔女にも、ひとりひとりに細かいキャラクターが設定され、ダンスで物語を抽象的に描いていきます。
昨年、新潟に滞在し、Noism2メンバーとともに創作を行なった島地さん。
完成した作品を通して上演した際に、なんと53分という長編作品になってしまったとか!
しかし金森監督から「長すぎる」と指摘され、約30分に短縮したというエピソードを話してくれました(とはいえ、それよりはちょっと長くなりそうだそうですが)。

現在のところ、1月26日(金)・27(土)の前売りチケットは完売。
28日(日)の13:30~の回も僅少とのこと。
当日券の情報はHPなどでお知らせがあるそうですが、行きたいと思っている方は、早めにチケットをご手配くださいね!

Information

りゅーとぴあ専属舞踊団研修生カンパニーNoism2 定期公演vol.9
開催期間
1月26日(金)19:00~
1月27日(土)17:00~
1月28日(日)13:30~/17:00~
※終演後にアフタートークを開催(28日(日)の13:30の回を除く)
会場名
りゅーとぴあ スタジオB
会場住所
新潟市中央区一番堀通町3-2
料金
2,000円(入場整理番号付き自由席)
問い合わせ先
りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
問い合わせ先
電話番号
025-224-5521
リンク
Noismウェブサイト

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同日開催のイベント

SNS